倒産・破産相談特設サイトはこちら LINE相談

基礎知識

KNOWLEDGE

破産したら「車」(自動車)は処分しなければならない?

「破産したら『車』(自動車)は絶対に処分しなければならない」「破産するなら、車を持ち続けることは必ずあきらめないといけない」と考えている方は、少なくありません。

もっとも、こうした考え方は、正確ではありません。インターネット上には、誤った情報も相当数存在するため、誤解が生じているようです。

そこで、以下では、破産・倒産に強い弁護士が解説します。

そもそも、破産をしてしまった場合、手元に残せる財産はないのでしょうか?

いいえ、手元に残せる財産はあります。

自由財産について

破産財団の範囲に含まれない財産,すなわち(破産をしても)破産者が自由に管理処分できる財産を「自由財産」(じゆうざいさん)といいます。この「自由財産」に該当する場合,破産をしてしまった場合でも手元に残したままにすることが可能です。

「自由財産」には、例えば、破産手続開始後に破産者が取得した新得財産(例:破産者が仕事によって得た賃金など)や差押禁止財産などが含まれます。

代表的な自由財産としては、99万円以下の現金が挙げられます。最低限度の生活を保障する等の見地から、99万円以下の現金は手元に残したまま破産できるように法律上定められています。

「自由財産」に「車」(自動車)は含まれるのでしょうか?

車(自動車)は、本来的自由財産とはいえません。
もっとも、自由財産には拡張制度が通常認められています(ただし、同時廃止事件の場合を除きます。以下,同様)。

拡張適格財産について

たとえば、この拡張制度によれば,車(自動車)は、その役割・性質等に照らし、類型的に拡張を認めるべき財産(「拡張適格財産」といいます)として位置付けられています(ただし、大阪地方裁判所の倒産専門部における令和3年9月時点の運用を基準とします。以下,同様)。

そのため、例えば、現金と車(自動車)の合計額が99万円以下の場合には、原則として自由財産拡張相当と認められます。つまり、現金と車のいずれも手元に残したまま破産することができるのです。

車(自動車)の価値は、どのように算定するのでしょうか?

車(自動車)の場合、査定評価額が基準となります。具体的な査定方法については、弁護士にご相談ください。

査定方法について

もっとも、普通自動車であれば初年度登録から7年、軽自動車・商用の普通自動車であれば初年度登録から5年以上を経過しており、新車時の車両本体価格が300万円未満であり、外国製自動車でない場合には、損傷状況等からみて無価値と判断できる限り,査定評価を受けることなく0円と評価して差し支えないとされています(ただし、上掲運用を基準としています。)。

手元に残せる場合の車(自動車)の数は、1台だけ?

いいえ、必ずしも1台に限られるわけではありません。
実際、2台以上が拡張相当(手元に残すことのできる財産)として認められた例もあります。

どういった場合に複数台以上の保有が認められるかについては、事例ごとの個別具体的な状況によりますので、弁護士にご相談ください。

車(自動車)を残したい場合、破産申立てを依頼することは、できますか?

もちろん、可能です。
早期に相談いただくことで、場合によっては破産を避けられることもあります。「破産管財人」として「車」(自動車)に関する自由財産拡張判断にも豊富な経験を有する弁護士も在籍していますので、そうした経験を踏まえた「破産管財人」の視点からも、適切な破産申立をサポートすることが可能です。

破産申立ての依頼はブライトへ

破産事件に関する初回相談は無料(0円)ですので、安心してご相談いただくことが可能です。相談後、仮に受任した場合の弁護士費用等についても、詳細にご説明させていただきます。

我々は、倒産事件に特化した「倒産事件専門部」を擁しており、上述のとおり、裁判所から選任されて「破産管財人」として管財業務を多数行っている弁護士も所属しています。まずは、お電話またはメールにて、ご相談ください。

ZoomなどのWeb会議システムを利用した相談にも対応していますので、遠方の方でも遠慮無くご連絡ください。

以上につき執筆:【弁護士法人ブライト パートナー弁護士 笹野 皓平(ささの こうへい)】

お問い合わせ

CONTACT

弁護士法人 ブライトへの法律相談、
メディア出演依頼・取材に関する
お問い合わせはこちら

お電話での
お問い合わせ

TEL:06-6366-8770

※受付時間 9:00-18:00