このページでは

交通事故で弁護士に依頼するメリット

交通事故での弁護士費用

弁護士法人ブライトの実績

をご紹介します。

交通事故の被害に遭い、弁護士に相談するか悩んでいる方はぜひ最後までお読みください。

今すぐにでも弁護士に相談したい!

という方はページTOPのボタンからお問い合わせください。専門のスタッフが丁寧に対応します。

交通事故を弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害に遭った時、弁護士への依頼は大きく次の三つのメリットがあります。

  • 受け取る賠償金の増額
  • 加害者、保険会社とのやり取りの代行
  • 通院や治療に関する適切なアドバイス

それぞれ解説します。

受け取る賠償金の増額

弁護士に依頼すると

  • 弁護士基準での賠償金請求
  • 適切な後遺障害等級の獲得
  • 正しい過失割合の主張

を行う事が出来るので受け取る賠償金が増額します

弁護士基準とは?賠償金の3つの基準

交通事故賠償金額の三つの基準

交通事故の賠償金には3つの基準があります。

自賠責基準

自賠責保険から支払われる賠償金の金額です、三つの金額の中では一番低くなります。
自賠責基準の金額は国土交通省の限度額と保障内容のページで確認できます。

任意保険基準

任意保険会社が提示してくる金額です、各保険会社によって金額は異なりますが自賠責基準より少し高いぐらいです。

弁護士に相談しない場合はこの金額で示談が行われてしまいます、保険会社の言う条件を受け入れるのではなく一度弁護士に相談しましょう。

弁護士基準

裁判所基準とも呼ばれ3つの中で一番高額な基準になります。
赤い本と呼ばれている「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」に詳しく掲載されています。

弁護士基準で賠償金を行うためには専門知識を持つ弁護士の協力が必要不可欠です。

適切な後遺障害等級の獲得

交通事故で怪我をし、障害が残ってしまった場合には「後遺障害等級」が認定されます。

この時認定された等級によって受け取れる慰謝料の金額が大きく変わるのですが、弁護士の助けがないと

  • そもそも後遺障害等級を認定してもらえない
  • 実際の後遺障害に対して低い等級と判断され、慰謝料が大幅に下がってしまう

ということがあり得ます。

交通事故の被害に多いむち打ちの例を紹介します。

後遺障害等級自賠責基準の慰謝料弁護士基準の慰謝料
12級 94万円 290万円
14級 32万円 110万円
後遺障害等級と基準の違いによる慰謝料の差

このように後遺障害に対する慰謝料は等級によって大きく変わります。

弁護士に依頼することで適切な後遺障害等級認定を受けることが出来るので、慰謝料を増額することが出来ます。

正しい過失割合の主張が出来る

ほとんどの交通事故は被害者と加害者、両方に事故の原因となる過失があります。

被害者と加害者がそれぞれどの程度過失があるかを数値で表したものを過失割合と呼び、1対9、3対7のように数値で表します。

過失割合によってもらえる賠償金が変わるんですか?

賠償金額が同じでも過失割合によって受け取れる金額が大きく変わります

和氣弁護士

もし仮に事故に遭い、1,000万円の賠償金が認められたとします。

過失割合が1対9の場合

受け取れる賠償金:900万円=1,000万円(元々の賠償金額)×90%(自分の過失を引いた割合)

過失割合が3対7の場合

受け取れる賠償金:700万円=1,000万円(元々の賠償金額)×70%(自分の過失を引いた割合)

と、過失割合によって200万円も受け取れる金額に差が出来ます。

過失割合は様々な要素によって決まるため、保険会社から提示された割合に少しでも疑問があれば弁護士に相談してみましょう。

加害者、保険会社とのやり取りの代行

弁護士に依頼する二つ目のメリットは加害者、保険会社とのやり取りの代行です。

依頼者を守る弁護士
交渉はすべて弁護士が行います

交通事故で怪我をしている状態での保険会社との交渉はとても大変です。

また、ほとんどの人は交通事故について法的な知識を持っていないため保険会社は被害者に不利な条件での示談を提案します。

弁護士に依頼することで交渉の手間やストレスから解放されると同時に受け取る賠償金も増額することが出来ます。

通院や治療に関する適切なアドバイスを受けることが出来る

交通事故による怪我で通院、治療する際にも弁護士のアドバイスが役に立ちます。

  • どのぐらいの頻度でいつまで通院すればいいのか
  • 整骨院に行くべきか整形外科で治療すればいいのか
  • 医師に症状を伝えるときにどのような言い方をすればいいのか

などをアドバイスします。

賠償金の金額を決める際に医師をはじめとした専門家の意見は非常に重要です。

弁護士のアドバイスを聞きながら医師に症状を伝えることで適切な後遺障害等級を獲得できる可能性が高まります。

ブライトでは外科医と提携することにより、医師と弁護士が連携して被害者をサポートします。

\\弁護士相談は何度でも無料//

電話で相談

LINEで相談

メールで相談

交通事故を弁護士に依頼するデメリットはあるの?

交通事故を弁護士に依頼するメリットは理解していただけたと思います。

反対にデメリットはあるのでしょうか?

結論から言うと弁護士への依頼についてデメリットはありません。

強いて言えば費用倒れが考えられますが、その場合は弁護士がきちんと説明を行います。

依頼者に損をさせることはありません、安心してご相談ください

和氣弁護士

費用倒れとは

弁護士報酬を支払った結果、受け取れる金額が依頼前より減ってしまう事。

例えば弁護士に依頼したことで10万円の賠償金増額に成功したが、弁護士報酬として15万円かかってしまった場合は受け取れる金額が5万円減ってしまっているので費用倒れとなる。

交通事故の弁護士費用について

交通事故で弁護士へ相談をするときに多くの方が気にされるのは費用についてです。

弁護士費用って高いイメージがある、払えるか心配・・・

こういった不安にお答えするため、弁護士費用について解説します。

ブライトでの弁護士費用

まずは弁護士法人ブライトで交通事故案件をお受けする際の弁護士費用を紹介します。

※事案の複雑さや困難性などから報酬算定率が増減することがありますが、その場合にはご相談のときに担当弁護士からその理由と算定率について具体的に説明させて頂きます。

相談料・着手金

費用内訳金額
相談料0円
着手金0円
相談料、着手金は無料

相談料と着手金は無料です、弁護士に依頼する段階では費用はかかりません。安心してご相談ください。

次に成功報酬を解説します、示談成立後に利益の一部をいただくので費用倒れになることはありません。

成功報酬

増額に成功した金額金額
~300万円増額分の24%+消費税
300万円~3,000万円増額分の15%+27万円+消費税
相談料、着手金は無料

※弁護士費用特約を利用できる場合は別の料金体系となります

弁護士費用特約とは

交通事故の被害者となったときに弁護士費用を補償する特約。
自動車の任意保険と同時に加入することが多く、家族が加入している場合でも使うことが出来る。

弁護士費用特約を使った場合は保険会社から弁護士費用が支払われるため、ほとんどの場合において自己負担0円で弁護士に依頼することが出来る。

一般的な弁護士費用について解説

次に弁護士費用についての一般的な知識や相場をご紹介します。

実は弁護士費用は平成16年4月までは日本弁護士連合会弁護士報酬基準というものである程度決められていましたが、現在では各弁護士事務所が自由に設定することが出来ます。

それでは弁護士費用の内訳と相場をご紹介します。

相談料

弁護士にトラブルの内容を相談して、アドバイスを受けるのにかかる費用です。弁護士に依頼をしなくても必要になる費用です。

交通事故案件では0円~5,000円が相場でしょう。

着手金

弁護士にトラブルの解決を依頼する時にかかる費用です、もしトラブルが解決しなかったとしても支払う必要があります。

交通事故案件では 0円~100,000円が相場でしょう。

成功報酬

トラブルが解決した時に弁護士に支払う費用です、交通事故では賠償金が獲得できた段階で支払います。
もし賠償金が獲得できないなどの場合は支払う必要はありません。

獲得した賠償金の金額や各事務所によっても大きく変わるのであくまで目安にはなりますが・・・

獲得した賠償金の9%~24%程度であることが多いです。

相談料・着手金が無料なのはなぜ

ブライトを含め、多くの法律事務所が交通事故被害者の相談料と着手金は0円と設定しています。
どうして無料で相談を聞いてアドバイスをしたり、依頼を引き受けたりするのでしょうか?
大きく二つの理由があります。

まず一つ目は多くの交通事故被害者の力になりたいと考えているからです。
交通事故弁護士相談広場の調査によると交通事故の対応を弁護士に相談した人はわずか4.33%しかいない一方で相談した人の満足度は90%を超えていました。
つまり、弁護士が力になれる人はまだまだ多いのです。そんな人たちに少しでも気軽に弁護士相談をしてもらうためにブライトをはじめとした多くの事務所では交通事故被害者の相談料と着手金を0円としています。

二つ目の理由は、交通事故は賠償金獲得の見通しが立てやすいからです。
交通事故の賠償金は過去の判例や弁護士の経験からある程度獲得できる賠償金や解決までの流れの見通しを立てることが出来ます。
依頼者の利益と成功報酬の金額をある程度は事前に予測することが出来るので相談料と着手金を無料にしても問題がないのです。

実際の弁護士費用の例

弁護士費用を差し引いても大幅な増額が可能です
弁護士費用を差し引いても大幅な増額が可能です

それでは、実際の事例から弁護士費用をシミュレーションしてみましょう。

弁護士費用は弁護士が入ったことで増額出来た賠償金の額である経済的利益をもとに計算します。

経済的利益は弁護士が入るタイミングによって変わります、ご自身の状況にあったほうをお読みください




相手から賠償金の金額が提示される前に弁護士に依頼した場合は、獲得した賠償金の全額が経済的利益となります。

もし弁護士が介入することで次のような結果になった場合の弁護士費用を見てみましょう。

弁護士介入により獲得できた示談金額
1500万円

弁護士費用を賠償金から引いて

1,500万円-277.2万円=1222.8万円

この1,222万8千円が受け取る金額となります。

相手から賠償金の金額の提示後に弁護士に依頼した場合は、提示金額からの増額分が経済的利益となります。

もし弁護士が介入することで次のような結果になった場合の弁護士費用を見てみましょう。

相手方提示金額 弁護士介入後の示談金額
300万円 1500万円

弁護士に相談したことで1,200万円の賠償金増額に成功した事例です。

増額した金額、つまり経済的利益が1,200万円の場合は15%+27万円が弁護士費用となるので・・・・

1,200万円×15%+27万円=207万円
消費税10%をプラスして、227万7千円

弁護士費用を賠償金から引いて

1,500万円-227.5万円=1272.5万円

この1,272万5千円が受け取る金額となります。弁護士費用を差し引いても元々の賠償金から972.5万円の増額となります。


弁護士費用は安ければいい?

受け取れる金額が増えるのはわかったけど、やっぱり弁護士費用って結構する・・・。少しでも安いところに頼めばもっと手元にお金を残せるんじゃ・・・?

弁護士費用よりも、経験や実績を重視して弁護士を選んだ方が結果として受け取れる金額が多くなります!

和氣弁護士

確かに、弁護士に払うお金を低く抑えることが出来れば手元に残すお金を増やすことが出来ます。

しかし、弁護士費用を抑えようとして交通事故案件の知識や経験の少ない弁護士に相談して思ったように賠償金が増額出来なければ意味がありません。

交通事故の被害で多いむち打ちで認められる可能性がある慰謝料を例にとると・・・

後遺障害等級弁護士基準の慰謝料
12級110万円
14級290万円
むち打ちの後遺障害慰謝料

認められる等級によって慰謝料に倍以上の差があります。
弁護士費用を気にするあまり、適切な慰謝料を獲得できなければ大きな損をしてしまいます。

\\弁護士相談は何度でも無料//

電話で相談

LINEで相談

メールで相談

交通事故で弁護士に相談するべき症状

交通事故でよくある症状について個別のページで解説しています。
もし以下の症状でお困りでしたらぜひご一読ください。

むち打ち

骨盤骨折

高次脳機能障害

脊椎圧迫骨折

弁護士法人ブライトの交通事故解決実績

弁護士法人ブライトでは交通事故専門部として相談者1名に対して弁護士を含めた複数名のチームでサポートを行います。
そのため、他事務所に比べて迅速で丁寧な対応を行うことが出来ます。

ここではそんなブライトの交通事故案件の解決実績や弁護士について紹介します。

弁護士法人ブライトの交通事故解決実績

ブライトでの交通事故解決実績と相談者様の声をご紹介します。

後遺障害等級を獲得し、303万円の増額

9か月通院しましたが、保険会社を通じて後遺障害の申請をしたところ、非該当となりわずかな慰謝料しか提示されませんでした。ブライトさんに依頼したところ、異議申立てをしてもらい、14級9号が認定され365万円で示談解決することができました。

異議申し立てに成功し、850万円の増額

バイクに乗っていたところ、対面から右折してきた自動車と衝突し、肩関節を骨折しました。相手の自動車がいきなり右折してきて、相手も完全に自分が悪いと謝罪してくれていましたが、保険会社は私にも15%の過失があると言ってきたので、納得できずブライトさんに相談しました。
骨折後間も無くしてリハビリを開始しましたが、関節拘縮により1/2の可動域制限が残りましたので、相手方保険会社に後遺障害診断書を提出して後遺障害等級の認定をしてもらいました。
しかしながら、結果は「骨折部位は治っており、機能障害が残るとは思えない」として非該当とされ、相手方保険会社から提示された賠償金はわずか150万円程度でした。到底、納得できませんのでしたので、弁護士法人ブライトさんに依頼して異議申立てをしてもらいました。
ブライトさんで、専門医さんに意見を聞いてもらうなどして、骨折部位からして骨折自体が完治しても機能障害が残ることは十分に医学的に証明可能であることを立証してもらった結果、無事に12級が認定され、相手方保険会社と交渉した結果、1,000万円の賠償金を得ることができました。

医師との連携で、1200万円の増額

歩行中に自動車にぶつけられて腰を強打しましたが、お医者さんからは骨折は特にないと言われましたので、腰の痛みを我慢しながら仕事をしていました。
保険会社からは骨折もないし単なる腰痛だけなので3ヶ月で痛みはなくなるはずだと言われ、全く納得がいかなかったのでブライトさんに相談に行きました。
ブライトさんから、提携する整形外科医にレントゲンを見てもらったところ、腰椎骨折があると教えてもらい、治療先の病院まで紹介してもらいました。後遺障害も11級を獲得できて、すごい大きな補償が得られたと思います。骨折が発見されなければと思うと、ブライトさんに相談して本当に良かったと思います。

弁護士紹介

交通事故案件の経験豊富な弁護士を紹介します。
画像をタップしていただくと詳しいプロフィールをご覧いただけます。

\\弁護士相談は何度でも無料//

電話で相談

LINEで相談

メールで相談

交通事故の弁護士相談から受任契約までの流れ

お問い合わせ

交通事故の被害に遭われたらまずはお問い合わせください。電話、LINE、メールでのお問い合わせに対応しております。

専任スタッフによるヒアリング

法律知識を持ったスタッフが丁寧に現在の状況を伺い、適切なアドバイスを行います。

必要書類の送付

弁護士相談に必要な書類を送っていただきます。
専任のスタッフが必要な書類の種類や、貰い方を伝えるのでご安心ください。

弁護士による無料相談

弁護士が解決までの見通しや獲得できる賠償金額について丁寧に説明させていただきます。
わからないこと、疑問に思うことがあれば遠慮なくお聞きください。
依頼するかどうかをこの場で決める必要はないので安心して相談してください。

受任契約

依頼の意思が固まりましたら委任状、委任契約書を郵送いただき、受任契約が成立します。

交通事故の弁護士相談でよくある質問

多くの方が初めての弁護士相談に不安や疑問を抱えてらっしゃると思います。

そこで当事務所に相談に来られた方から多く寄せられる質問と回答をご紹介します。

\\相談は何度でも無料//

電話で相談

LINEで相談

メールで相談