労災事故の基礎知識

KNOWLEDGE

クレーン作業中の労災事故ついて弁護士が解説

お問い合わせ、相談は無料です
(※お電話での受付は平日9:00~18:00となっております、それ以外の時間はメールやLINEでのお問い合わせをお願いします。また、お問い合わせいただいた事案について、SMSで回答させていただく場合がございますので、予めご了承ください。)

無料で問い合わせ

LINEで無料問い合わせ

クレーンとは

クレーンとは、大きな物を動力で吊り上げて水平に運ぶことができる機械のことをいい、業務で使用されるクレーンには様々な種類があります。

例えば、工場などで天井や地面に設置されるクレーン(天井クレーン、ケーブルクレーンなど)や建設現場などで資材や鉄骨等の重量物を吊り上げて移動させる移動式クレーンなどがあります。

クレーン作業と労災事故

工場等に設置されるクレーン、各種の荷役に使用される移動式クレーン等及びゴンドラは、工期の短縮、生産性の向上等の面から多くの作業現場に採用されてきています。

しかし、重量物を取り扱うことによる危険や墜落危険等のほか、機械の大型化、高速化等に伴って被害が大きくなるおそれがあり、また、クレーンに起因する労働災害も多発しており、現在増加傾向にあります。

また、クレーン等の労働災害を業種別にみると、死傷者数では製造業が最も多く、次いで建設業、運輸交通業の順となり、死亡者数においては建設業が最も多くなっています。

特に建設業では重量物(鉄の資材など)をクレーンでつり上げることも多く、その吊荷が落下して作業員に当たったような場合やクレーン自体が横転した場合などには、死亡事故につながりかねません。

そのため、労働安全衛生法及び関連規則において、製造段階から使用段階に至るまでの機械自体の安全性の確保や作業の安全について事業主に多くの義務を課しています。

クレーンの運転には資格が必要?

クレーンに関しては、労働安全衛生法に基づき、クレーン等の製造及びその他の安全基準を定めた厚労省令として、『クレーン等安全規則(以下「クレーン則」といいます。)』が制定されています。

クレーン則においては、クレーン一般の製造及び設置、使用及び就業、検査等のほか、移動式クレーン、デリック、エレベーター、建設用リフト、簡易リフト、玉掛けについてそれぞれ詳細な規定が設けられています。

その中で、各クレーンの運転にあたって免許が必要な場合があります。

クレーンの運転にはクレーン・デリック運転免許が必要

つり上げ荷重が5トン以上のクレーンの運転には、クレーン・デリック運転士免許を取得することが必要です(クレーン則22条、同223条、労働安全衛生法施行令(以下「施行令」といいます。)20条6号)。

ただし、床上操作式クレーン(床上で運転し、運転者が荷とともに移動する方式のクレーン)の場合は、床上操作式クレーン運転技能講習を修了した者であれば運転することができます。

移動式クレーンの運転には移動式クレーン運転士免許が必要

つり上げ荷重が1トン以上の移動式クレーンの運転業務については、移動式クレーン運転士免許を取得することが必要です(クレーン則68条、同229条、施行令20条7号)。

 ただし、つり上げ荷重が1トン以上、5トン未満の移動式クレーン(小型移動式クレーン)については、小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者であれば運転することができます。

クレーンの運転免許以外にはどのような規定がある?

クレーン作業には以下のような内容も規定されています。

玉掛け技能講習の修了(クレーン則221条、施行令20条16号)

つり上げ荷重1トン以上のクレーン、移動式クレーン、デリック等の玉掛け業務を行うためには、玉掛け技能講習を修了することが必要です。

特別教育の実施(例:クレーン則21条)

事業主は、次のクレーンの運転業務に労働者を就かせるときは、安全のための特別教育を行わなければなりません。

  • つり上げ荷重が5トン未満のクレーン
  • つり上げ荷重が5トン以上の跨線テルハ
  • つり上げ荷重が1トン未満の移動式クレーン

立入禁止(例:クレーン則29条)

事業主は、ワイヤーロープや磁石等で荷がつり上げられている場合には、その荷の落下により事故が発生するおそれがあるため、荷の下に労働者を立ち入らせてはいけません。

クレーンに起因する事故と損害賠償請求

クレーン則には、クレーンの使用や就業等に関し様々な規定がありますが、事業主がクレーン則を遵守せず、適切にクレーンを使用させなかったために、クレーンに起因する労災事故が発生した場合、被災者が重大な怪我を負うことも少なくありません。

事業主がクレーン則に違反した状態でクレーン作業を行わせたことにより、事故に遭った場合、被災者は労災保険給付でまかなわれない慰謝料などの損害を事業主に請求できる場合があります。

弁護士に相談するメリット

当事務所では、クレーン作業中の労災事故について、多数の相談を受け、実際、事業主等へ請求し、適切な賠償を受けることができたケースを取り扱った経験も多くあります。

クレーン作業中その他クレーンに起因する事故に遭われた方は、まず弁護士にご相談ください。

お問い合わせ、相談は無料です
(※お電話での受付は平日9:00~18:00となっております、それ以外の時間はメールやLINEでのお問い合わせをお願いします。また、お問い合わせいただいた事案について、SMSで回答させていただく場合がございますので、予めご了承ください。)

無料で問い合わせ

LINEで無料問い合わせ

  • この記事を書いた人

代表弁護士:和氣 良浩

弁護士法人ブライト代表弁護士: 2006年に独立開業してから様々な事故の回復に努めてきました。これまで1000件を超える事故を解決して参りましたが、被害者が低い賠償金で納得させられているケースをたくさん見てきました。 一人でも多くの被害者が適切な補償を受けられるように情報発信を行っています。

関連記事

基礎知識

機械に起因した労災事故と損害賠償請求について弁護士が解説

機械への「はさまれ・巻き込まれ」の労災事故 現在、労働災害を減少させるために国、事業者、労働者等において様々な取り組みがなされていますが、事故類型別でみると、「はさまれ・巻き込まれ」の事故は、令和3年 ...

基礎知識

通勤中の事故は労災保険の対象?「通勤災害」の認定要件や申請フローなどを解説

通勤中の事故で受けられる補償には、労災保険のほか、自賠責保険や任意保険があります。さまざまな選択肢の中からどの補償を選べばよいのかや併用はできるのかなど、悩む点も多いでしょう。 本記事では、被災労働者 ...

基礎知識

労災事故と高次脳機能障害ついて弁護士が解説

高次脳機能障害とは 高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)とは、病気や事故などのさまざまな原因で脳の一部を損傷したために、言語・思考・記憶・行為・学習・注意などの知的な機能に障害が起こった状態を ...

基礎知識

建設業の労災保険は通常と異なる?労災の申請先や賠償請求先を弁護士が解説

建設業に従事しており、建設現場で働く方が労災事故に遭った場合、どのような補償を受けられるのでしょうか。建設業では労災の仕組みが他の業界と異なるため、「申請方法は同じか」「事業主証明はどこにお願いすれば ...

基礎知識

フォークリフトに起因した労災事故と損害賠償請求について弁護士が解説

フォークリフトとは フォークリフトとは、荷物を積み込むフォーク、ラム等とそれを昇降させる機構(マスト)を備えた動力付き荷役・運搬用の機械です。 法令上は、労働安全衛生規則において、ショベルローダー、構 ...

労災事故担当弁護士

  • パートナー弁護士 笹野 皓平

    パートナー弁護士 笹野 皓平
  • 弁護士 有本 喜英

    弁護士 有本 喜英

事務所概要

事務所名 弁護士法人 ブライト(大阪弁護士会所属)
開 業 平成21年(代表弁護士独立開業)
設 立 平成24年11月設立、平成27年1月に法人化
所在地 〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2丁目6番6号 コウヅキキャピタルウエスト12階
TEL 0120-931-501(受付時間9:00~18:00)
FAX 06-6366-8771
事業内容 法人向け(法律顧問・顧問サービス、経営権紛争、M&A・事業承継、私的整理・破産・民事再生等、契約交渉・契約書作成等、売掛金等の債権保全・回収、経営相談、訴訟等の裁判手続対応、従業員等に関する対応、IT関連のご相談、不動産を巡るトラブルなど)、個人向け(交通事故・労災事故を中心とした損害賠償請求事件、債務整理・破産・再生等、相続、離婚・財産分与等、財産管理等に関する対応、不動産の明渡し等を巡る問題など)

お問い合わせ

CONTACT

弁護士法人 ブライトへの法律相談、
メディア出演依頼・取材に関する
お問い合わせはこちら

お電話での
お問い合わせ

TEL:06-4965-9590

※受付時間 9:00-18:00

完全成功報酬だから相談・着手金は無料