景品表示法とは?表示規制をやさしく解説

景品表示法とは?表示規制をやさしく解説

景品表示法の遵守は信頼とブランドイメージを守る上で不可欠です。 ここでは、事業者が日常の広告や景品提供において直面する可能性のある表示規制に焦点を当て、法律が定める基準に従って適切な情報提供を行うためのポイントを解説します。 景品表示法の理解を深めることで、事業者は不当な表示や広告によるリスクを避け、消費者との信頼関係を強化できます。法律を遵守することは、事業の持続可能性と成長につながります。

景品表示法とは

景品表示法、正式には「不当景品類及び不当表示防止法」と称されるこの法律は、1976年に日本で施行された消費者保護を目的とした法律です。

この法律は、消費者が商品やサービスを選択する際に、正しい情報に基づいた判断を下せるように、商品の表示や景品提供に関する不当な行為を規制しています。

歴史と改正

景品表示法は、1976年の施行以来、市場環境や消費者のニーズの変化に応じて、何度かの重要な改正が行われてきました。特に、インターネットの普及に伴うオンラインショッピングの増加や、消費者被害の多様化に対応するため、法律は進化を続けています。

2016年には、課徴金制度が導入されました。不当な表示や景品提供によって不当な利益を得た事業者に対し、その利益を上回る課徴金を科せるように改正しました。この制度の導入により、法律の抑止力が一層強化されました。

さらに、2023年には、特にオンライン販売に関する表示規制を強化し、消費者庁の監督権限を拡大する内容の改正が行われました。デジタル化が進む消費者環境に対応し、より効果的な消費者保護を目指しています。

目的

景品表示法の主な目的は、商品やサービスに関する表示と景品提供の不当な行為を規制することにより、消費者を保護し、公正かつ自由な競争を促進させることです。

法律は、虚偽の表示、誇大広告、不公正な比較表示など、消費者を誤解させる可能性のある表示行為を禁止しています。また、消費者の購買意欲を不当に刺激するような景品の提供も規制の対象となっています。

景品表示法の概要

この法律は、不当な表示や景品提供による消費者の誤認を防ぎ、公正な商取引を促進するための規制を定めています。

景品表示法の主な規制内容

不当な表示の防止

景品表示法は、商品やサービスの品質、性能、価格などに関する虚偽の表示や誤解を招くような表示を禁止しています。誇大広告、虚偽の宣伝、不公正な比較表示などがこれに該当し、消費者が正しい情報に基づいた選択を行えるよう保護します。

不当な景品提供の防止

消費者の購買意欲を不当に刺激する景品の提供を規制しています。

過度なプレゼントや割引、購入条件としての景品提供などが該当し、公正な競争環境の維持を目指しています。

罰則と行政措置

景品表示法違反が発覚した場合、企業には警告、表示内容の訂正命令、公表などの行政措置が下されることがあります。さらに、2016年の改正により導入された課徴金制度により、違反行為によって得た利益に応じた課徴金が科される場合もあります。

消費者庁の役割

消費者庁は、景品表示法のもとでの監督、指導、違反行為への対応を担当しています。

消費者からの苦情や情報提供を受け、必要に応じて調査を行い、違反が確認された場合は適切な措置を講じます。

景品類の定義について

景品類の定義

景品表示法では、消費者の購買行動に影響を与える目的で提供される物品や利益を「景品類」と定義しています。この法律の下で、「景品類」とは広く解釈され、具体的には以下のようなものです。

1.物品の提供

商品の購入やサービスの利用に対して、追加で提供される物品。これには、購入特典として付与される商品サンプルや、販売促進キャンペーンでのプレゼントなどが含まれます。

2.利益の提供

金銭的価値を持つ利益の提供。割引券、キャッシュバック、ポイントサービスによるポイント付与などがこれに該当します。消費者が実質的に得をする形で提供される利益が対象となります。

3.権利の提供

抽選やコンテストによる賞金や賞品、懸賞やキャンペーンにおける当選権利など、物理的な形を持たない権利も含まれます。

景品類の提供の規制

景品表示法では、消費者の購買意欲を不当に刺激することを目的とした過剰な景品類の提供を規制しています。

具体的には、提供される景品類が一定の基準や条件を超える場合、不当な販売促進行為とみなされ、規制の対象となります。この規制の主な目的は、消費者が誤った判断を下さないように保護し、公正な市場競争を促進させることです。

景品類提供の適正化

事業者は、景品類を提供する際に、以下の点に注意する必要があります。

  • 透明性:提供される景品類の内容や条件を明確にし、消費者が理解しやすい形で表示すること。
  • 公正性:景品類の提供が、消費者に対して公平であることを確保し、不当な差別や優遇を行わないこと。
  • 適正性:景品類の提供が、法律に定められた基準や規制内で行われること。

景品類の制限及び禁止について

景品類の制限

景品表示法においては、「景品類」とは、商品やサービスの購入を促進する目的で提供される物品や利益のことを指します。法律では、特定の条件下での景品提供に関する一定の制限を設けており、以下のような制限が適用されます。

1.経済的価値の制限

景品類の経済的価値には上限が設定されており、過度な景品提供による不公正な競争や消費者の誤った購買判断を防ぐため、この限度を超える価値の景品の提供は禁止されています。

2.提供条件の明確化

景品を提供する際には、消費者が景品の提供条件を正確に理解し誤解を防ぐため、その条件を明確に表示する必要があります。

景品類の禁止

景品表示法では、消費者の購買意欲を不当に刺激し、公正な取引を妨げる可能性のある一部の景品提供を禁止しています。特に禁止されているのは、以下のようなケースです。

1.虚偽の表示を伴う景品提供

実際には存在しない割引や特典をうたった景品提供など、商品やサービスの虚偽の表示を伴う景品提供は禁止されています。

2.誤解を招くような条件での景品提供

実際には多くの消費者が利用できないような条件を設定した上での景品提供など、消費者が誤解を招くような条件下での景品提供も禁止されています。

事業者の遵守事項

事業者は、景品表示法の規定に従い、消費者に対する誤解を招かない透明かつ公正な表示と景品提供を行う必要があります。具体的には、景品の提供条件を明確にし、経済的価値の上限を守ることが求められます。

また、虚偽の表示や誤解を招くような景品提供を避けなければなりません。

景品表示法で禁じられる景品提供の実例

景品表示法では、消費者を保護し、公正な商取引を促進するため、不当な景品提供を禁止しています。

これに違反する行為は、消費者の購買判断を歪め、市場の公正を損ねるためです。

以下では、禁じられる景品提供の実例とその背景について解説します。

実例1: 過剰なポイント還元

ある家電量販店が、特定の商品購入時に通常の10倍のポイントを還元するキャンペーンを行いました。しかし、このポイント還元は、実質的に商品の価値を大幅に下回るものであり、消費者を誤認させる恐れがあるとして問題視されました。

景品表示法では、消費者の購買意欲を不当に刺激する過剰な景品提供は禁止されており、このケースはその一例となります。

実例2: 虚偽の割引表示

オンラインショップが、ある商品について「50%オフ」と宣伝しながら、実際には定価からの割引ではなく、過去の販売価格と比較しても割引率が誇張されていた事例があります。

消費者は大幅な割引があると誤認し、購入を決定してしまう可能性が高いため、このような表示は景品表示法で禁じられています。

実例3: 条件付き無料提供

ある飲食店が、「次回来店時、無料でデザートを提供」というキャンペーンを展開しましたが、この無料提供が一定金額以上の食事を注文した消費者に限られていた事例があります。この条件は消費者に十分に明示されておらず、無料であるかのような誤解を招きました。

景品表示法は、このような誤解を招く条件付きの提供も不当な景品提供とみなします。

実例4: 限定商品との不当な結びつけ

特定の商品を購入することでのみ手に入る限定の景品を提供するキャンペーンが実施されましたが、この限定景品が実際には非常に少ない数量しか用意されていなかった事例があります。このような景品提供は、「購入した全ての消費者が景品を受け取れる」という誤解を招くため、不公正な商慣行として問題とされました。

不当表示とは?

不当表示は、消費者が商品やサービスに関して誤った判断を下すよう誘導する虚偽や誇張された情報提供、誤解を招く表示を指し、景品表示法ではこれを禁じています。

この法律の目的は、消費者保護と公正かつ透明な市場環境の維持です。

不当表示にはいくつかの類型があり、その中でも特に「優良誤認表示」と「有利誤認表示」が重要な概念となります。

優良誤認表示

優良誤認表示は、商品やサービスの品質、性能、効果などが実際よりも優れているかのように消費者を誤認させる表示です。

例えば、製品が特定の認証や賞を受賞したと虚偽表示することや、非実証的な科学的効果をうたう健康食品の宣伝などです。これにより、消費者は実際の品質や性能を超えた期待を持ち、誤った購買決定を誘発させることになりかねません。

有利誤認表示

有利誤認表示は、商品やサービスの価格、取引条件などが実際よりも消費者に有利であるかのように誤認させる表示を指します。不透明な条件で提示される限定割引や、実際には得られない特典を提示するキャンペーンなどが例として挙げられます。

消費者はこれらの表示に誘導され、実際よりも有利な取引が可能だと誤解し、結果として不利益を受ける可能性があります。

不当表示の問題点と対策

不当表示は、消費者の正確な情報に基づく購買判断を妨げ、経済的損失や信頼の失墜、市場の公正な競争の阻害を招きます。景品表示法はこのような表示を厳しく規制し、事業者に対して消費者に正確かつ公正な情報を提供する責任があることを強調しています。

事業者は、明確かつ客観的な情報提供、表現における誇張を避ける、条件や制限事項の明確化、比較広告における公平性の確保など、不当表示を行わないための対策を講じる必要があります。これにより、消費者の信頼を維持し、公正な市場環境を促進することが可能となります。

不当表示の違反事例

不当表示の違反事例は、消費者を誤認させる表示により公正な市場競争を妨げ、消費者の利益を損なうケースです。景品表示法に基づき、消費者庁や関連機関が違反事例を取り締まり、時には公表しています。

以下に、実際に日本で起きた不当表示の違反事例をいくつか紹介します。

事例1: 健康食品の虚偽効果表示

ある健康食品の製造販売業者が、製品が特定の病気の予防や治療に効果があるかのように虚偽の表示を行い、消費者から苦情が寄せられた事例があります。

科学的な根拠がないにも関わらず、病気治療に関する効果を宣伝したこの行為は、消費者を誤認させるものとして、景品表示法違反と判断されました。

事例2: 誇大な割引表示

オンラインショップが、商品の割引価格を誇大に表示し、実際の割引率よりも大幅に低いにもかかわらず、「最大50%オフ」と広告したケースがあります。実際の割引率が公表されたものよりも低かったため、消費者を誤認させる表示として問題視されました。

事例3: 不公正な比較広告

競合他社の商品と自社商品を比較し、実際には検証されていないデータを用いて自社商品の方が優れているとする広告を行った事例です。このような不公正な比較表示は、消費者の適切な商品選択を妨げるとして、違反事例として取り扱われました。

事例4: 「無添加」表示の誤認誘導

ある食品において、「無添加」と表示しながら、実際には一部に添加物を使用していた事例があります。「無添加」という表示が消費者に自然で安全な商品であるとの誤認を与えたため、不当表示として指摘されました。

事例5: 虚偽の「エコ」表示

ある家電製品において、環境に優しいとする「エコ」や「省エネ」などの表示が行われましたが、実際にはその製品が特別に環境負荷が低いわけではないにも関わらず、そのような表示をしていた事例があります。

消費者が環境に配慮した選択を誤って行うことにつながるため、不当表示として問題視されました。

事例6: 「限定販売」の誤認誘導

限定販売を謳いながら、実際には広範囲で同様の商品が販売されていたケースがあります。このような表示は、商品が特別であるかのような誤認を消費者に与え、購買意欲を不当に刺激することから、不当表示に該当します。

事例7: 副作用の未表示

医薬品や健康食品で、可能性のある副作用や使用上の注意を適切に表示せず、安全性が高いかのように誤認させる表示が行われた事例です。

消費者の健康や安全に関わる重要な情報の欠如は、重大な不当表示とみなされ、厳しく対処されます。

事例8: 「国産」表示の誤用

原材料の一部のみが国内産であるにもかかわらず、商品全体を「国産」と表示して国内製造の印象を与えた事例があります。このような表示は、消費者が商品の原産地に関して誤った認識を持つことにつながり、不当表示とされました。

対策と教訓

これらの事例から学べる教訓は、事業者が消費者に対して提供する情報の正確性と公正性が極めて重要であることです。消費者庁をはじめとする関連機関は、違反事例を公表することで、他の事業者に対しても警鐘を鳴らしています。

事業者は、消費者に誤解を招くような表示を避け、透明かつ正確な情報提供に努める必要があります。これは、消費者信頼の獲得だけでなく、公正な市場競争を維持するために不可欠です。

表示規制に違反した場合の罰則は?

景品表示法は、消費者に対して誤解を招くような不当な表示や景品提供を禁止し、これに違反した場合には罰則が科されるように定めています。

特に、2016年とその後の改正では、違反に対する罰則が強化され、特にオンライン販売を含む広告表示に関する規制が厳しくなりました。

罰則の種類

1.行政措置

景品表示法違反が確認された場合、消費者庁は事業者に対して表示の訂正や中止、再発防止策の実施などの行政措置を命じることができます。これには公表措置も含まれ、違反した事業者の名前が公開されることがあります。

2.課徴金納付命令

2016年の改正により導入された課徴金制度では、不当表示によって不正に得た利益に対して課徴金が課されることになりました。この課徴金の額は違反の程度や影響、利益の額に応じて決定されます。

3.刑事罰

悪質な違反行為に対しては、刑事罰が適用される場合があります。虚偽の表示を故意に行った場合、事業者や関係者は懲役刑や罰金刑に処される可能性があります。

改正景品表示法について

行政措置

改正法では、不当表示を行った事業者に対する行政措置が強化されました。これには、以下のような措置が含まれます。

  • 表示訂正命令:不当表示を行った事業者に対して、誤った表示の訂正を命じることができます。
  • 業務改善命令:再発防止のための業務改善計画の策定とその実施を命じることが可能です。
  • 公表:不当表示の事実を公表し、消費者に正確な情報を提供します。

課徴金納付命令

課徴金制度は、不当表示により不正な利益を得た事業者に対して、その利益を上回る金額の課徴金を課す制度です。2023年の改正法では、課徴金の上限額や課徴金を課すための基準が見直され、違反行為に対するペナルティが強化されました。

  • 課徴金の上限額の引き上げ:不当表示によって得た利益に対する課徴金の上限額が引き上げられ、より重い金銭的負担が課されるようになりました。
  • 適用範囲の拡大:オンライン販売を含む広告表示における不当表示にも課徴金が適用されるようになり、違反行為の抑止力が向上しました。

刑事罰

悪質な不当表示行為に対しては、刑事罰の適用があります。改正法では、故意に虚偽の表示を行った事業者や、消費者の誤認を招くような表示を繰り返し行った場合に対する罰則が厳格化されました。

  • 懲役刑や罰金刑:重大な違反行為に対しては、懲役刑や罰金刑が科されることがあり、法令遵守の重要性が強調されています。

アフィリエイト広告、ステルスマーケティングに関する法規制

アフィリエイト広告やステルスマーケティングは、デジタルマーケティングの重要な手法として利用されていますが、これらの手法は消費者を誤解させる可能性があるため、法規制の対象となることがあります。ここでは、これらに関する法規制について解説します。

アフィリエイト広告とステルスマーケティングの定義

アフィリエイト広告は、商品やサービスの販売促進を目的として、第三者のウェブサイトやブログ、SNSなどで行われる広告活動です。広告主は成果(販売やクリックなど)に応じて報酬を支払います。

ステルスマーケティングは、広告であることを明示せず、消費者に商品やサービスを推奨するマーケティング手法です。消費者に自然な口コミや推奨として認識させることで、製品の信頼性を高めることを目的とします。

法規制の概要

これらのマーケティング手法に関連する法規制は、主に消費者を誤解や誤認から保護することが目的です。日本においては、景品表示法や不正競争防止法が関連法規として挙げられます。

1.景品表示法

景品表示法は、不当な表示や消費者を誤解させる広告を禁止しています。アフィリエイト広告が誇大な効果を宣伝したり、ステルスマーケティングが広告であることを隠している場合、不当な表示とみなされる可能性があります。

2.不正競争防止法

この法律は、消費者の誤認を招くような手法による商品の販売促進を禁止しています。ステルスマーケティングが、消費者に正確な情報提供を行わずに行われる場合、この法律の違反に問われることがあります。

アフィリエイト広告に関する具体的な注意点

アフィリエイト広告を行う際には、広告であることを明確に表示する必要があります。

消費者が広告であることを理解できるよう、適切な表示を行うことが求められます。

また、提供する情報が正確であること、誇大な表示を避けることも重要です。

ステルスマーケティングに関する対策

ステルスマーケティングは、広告であることを隠すことから消費者の信頼を損なう恐れがあります。このため、マーケティング活動を行う際には、その内容が推奨やレビューであることを明示し、透明性を確保することが不可欠です。

まとめ

景品表示法は消費者が正しい情報に基づいた選択を行えるようにするための重要な法律であり、不当表示を行った事業者には厳しい罰則が課されることがあります。

改正された景品表示法は特に、インターネット販売における表示に関して、消費者を誤認させる行為に対する規制を一層強化しています。これは、消費者を保護し、公正かつ透明な市場環境を維持するために不可欠です。

ブライト法律事務所では、このような複雑な法規制の下で事業を行う企業を支援しています。私たちは、法律の専門知識と豊富な経験を生かして、クライアントが直面する課題を解決に導きます。

不当表示の問題は、企業の信頼性やブランドイメージに大きく影響するため、適切な法的対応が必要です。ブライト法律事務所は、景品表示法に関する相談から紛争解決まで、幅広いサポートを提供し、クライアントの権利と利益を守ります。

お問い合わせ

CONTACT

弁護士法人 ブライトへの法律相談、
メディア出演依頼・取材に関する
お問い合わせはこちら

お電話での
お問い合わせ

TEL:0120-929-739

※受付時間 9:00-18:00

  • 記事カテゴリ
  • 成功事例
    インタビュー
契約
人事労務
債権回収
消費者
炎上
会社運営

準備中