労災問題特設サイトはこちら LINE相談

基礎知識

KNOWLEDGE

フォークリフトに起因する労災事故は、なぜ多い?

フォークリフトに起因する労災事故は、なぜ多いのでしょうか。我々が相談を受ける事案の中にも、フォークリフトに関連する労災事故が数多くあります。
フォークリフトは、一定の作業には欠かせない便利なものである一方、その性質上、第三者を巻き込んで大怪我をさせてしまうケースも多く、本来、慎重に取り扱うことが求められます。
以下では、労災専門部に所属する弁護士が、フォークリフトに起因する労災事故に関し、徹底解説します。

そもそも、「フォークリフト」って、何ですか?

「フォークリフト」とは、荷物を積み込むフォーク、ラム等とそれを昇降させる機構(マスト)を備えた動力付き荷役・運搬用の機械です。知らない人が遠くから見たら、一見、車(自動車)のように見えるかもしれません。

人の力では持ち上げたり・運んだりすることが難しい重量物であったとしても、「フォークリフト」を利用することで、簡単に素早く運搬等できるケースがあります。とても便利な機械ですので、工場や物流倉庫など多くの現場で活躍しています。

労働安全衛生規則上は、「車両系荷役運搬機械等」の一つとして定義されています(労働安全衛生規則第151条の2第1号)。「車両系」とあるのは、車(自動車)と似ている部分があるからと理解することもできるでしょう。

フォークリフトに起因する労災事故には、どういったものがありますか?

フォークリフトに起因する労災事故のうち、フォークリフトの運転者以外の第三者が被害に遭うケースとしては、「激突される」ケースや「はさまれ、巻き込まれる」ケースが多いといわれています。

フォークリフトに起因する労災事故

こうしたケースでは、通常、フォークリフトの運転者が走行中(前進、後退、旋回)に確認を怠ったことや、被害に遭った従業員(被災者)側の合図不足等が原因の一つとして考えられます。また、フォークリフトの積載による前方の視界不良、バック時の後方確認不足、旋回時の内輪外輪差、爪位置の確認不足、作業範囲の確認不足などが重なって、事故の発生につながっているケースもあります。

フォークリフトは重量物を相当数積載・運搬等することが多いこともあり、そのフォークリフトと接触等してしまえば、大事故につながることが少なくありません。操作・運転方法においても複雑なところがあり、容易ではありません。一般の車(自動車)などと比較しても、構造上その視界には限界があり、作業中に急旋回することも多いため、危険性を内在した機械といえます。

フォークリフトに関連する法律には、どのようなものがありますか?

上述したとおり、「フォークリフト」については、労働安全衛生規則が「車両系荷役運搬機械等」に含むものとして定義規定を置いています(労働安全衛生規則第151条の2第1号)。

フォークリフトを用いて作業を行うときは、あらかじめ作業計画を定め、かつ、当該作業計画により作業を行わなければなりません(労働安全衛生規則第151条の3第1項)。また、作業指揮者を定める等の義務もあります(労働安全衛生規則第151条の4)。さらに、フォークリフトを主たる用途以外の用途に使用してはならないとの規定もあります(労働安全衛生規則第151条の14)。

いわゆる「立入禁止」を定めた規定もあります。事業者は、フォークリフトのフォークの荷の下に労働者を立ち入らせてはならないといった規定です(労働安全衛生規則第151条の9)。その他にも、フォークリフトを用いた作業の危険性や専門性等に照らし、作業資格を設けたり、自主検査を義務付けたりするなど様々な規律がされています。

フォークリフトに起因する労災被害にあった場合には、どうすればよいのでしょか?

まずは、我々「弁護士法人ブライト」にご相談ください。

労災の相談は弁護士法人ブライトへ

我々は、これまで「フォークリフト」に関連する労災問題を数多く受任してきました。
労災保険だけでは元の生活に戻ることが到底できず、会社側に対する損害賠償請求をしたおかげで、フォークリフト事故の被害者に生じた多額の損害を回復することができたケースもあります。

初回相談は無料(0円)ですので、安心してご相談いただくことが可能です。
また、弁護士費用についても、原則として、完全成功報酬制を採用していますので、通常、着手金も無料(0円)です。

我々は、労災問題に特化した「労災事故専門チーム」を擁しており、男性弁護士のみならず、女性弁護士や女性の専門スタッフも揃っていますので、女性の被災者でも、安心してご相談いただくことが可能です。まずは、お電話またはメールにて、ご相談ください。

ZoomなどのWeb会議システムを利用した相談にも対応していますので、遠方の方でも遠慮無くご連絡ください。

以上につき執筆:【弁護士法人ブライト パートナー弁護士 笹野 皓平(ささの こうへい)】

お問い合わせ

CONTACT

弁護士法人 ブライトへの法律相談、
メディア出演依頼・取材に関する
お問い合わせはこちら

お電話での
お問い合わせ

TEL:06-6366-8770

※受付時間 9:00-18:00