景品表示法が定める広告表示のルールと事業者の義務

景品表示法が定める広告表示のルールと事業者の義務

景品表示法に従った広告表示の重要性を掘り下げ、事業者が消費者を誤解させないための正しい広告の方法を解説します。

景品表示法とは

景品表示法(正式名称:不当景品類及び不当表示防止法、通称:景表法)は、1962年に日本で施行された法律です。この法律の主な目的は、消費者の利益を守り、健全な商品の流通を促進させることにあります。

商品やサービスに関する虚偽または誤解を招くような表示(不当表示)と、消費者の購買意欲を不当に誘引する景品の提供を禁止しています。

主な規制内容

  • 不当表示の禁止:商品やサービスの品質、性能、価格などについて誇大広告や根拠のない効能効果の主張といった虚偽や誤解を招く表示を行うことを禁じます。
  • 有利誤認表示の禁止:消費者が自身にとって有利な条件であると誤認するような表示を禁止しています。
  • 景品提供の制限:消費者の購買意欲を不当に誘引する目的での過度な景品の提供を規制しています。

適用範囲

景品表示法は、一般消費者を対象とした商品やサービスの販売促進活動全般に適用されます。インターネット上での広告や販売促進もこの法律の規制対象となります。

罰則

景品表示法違反に対しては、消費者庁からの行政指導や措置命令が下されることがあります。重大な違反には課徴金が課せられ、場合によっては刑事罰が科されることもあります。

意義と目的

消費者が正しい情報に基づいて賢明な選択を行えるようにすることで、消費者保護を図りつつ、公正で健全な市場競争を促進させることがこの法律の根本的な目的です。

事業者は、広告や販売促進活動を行う際に、この法律の規制内容を遵守することが求められます。

不当表示を禁止する規制と違反事例

不当表示を禁止する規制は、消費者を保護し、公正で透明な市場環境を促進することが目的です。この規制は、商品やサービスに関する虚偽や誤解を招くような表示を行うことを禁じており、消費者が正確な情報に基づいて賢明な購買決定を行う為のものです。

以下に、不当表示を禁止する規制と、その違反事例について詳しく解説します。

不当表示の規制

不当表示の規制は、主に以下のような表示を対象としています

  • 虚偽表示:存在しない事実を告げる表示。
  • 誇大表示:商品やサービスの品質、性能、効果などを実際よりも過大に表現する表示。
  • 有利誤認表示:消費者が自己に有利な条件であると誤認するような表示。
  • 優良誤認表示:商品やサービスが実際よりも優良であると誤認させる表示。

これらの規制は、景品表示法をはじめとする複数の消費者保護法によって定められています。

違反事例

事例1: 虚偽の健康効果表示

ある健康食品の広告で、「確実に病気を治す」という効果がうたわれていましたが、その主張に科学的根拠はなく、実際にはそのような効果は確認されていませんでした。

このような虚偽表示は、消費者を誤認させるため、行政機関から措置命令が下されました。

事例2: 過剰な性能の誇大広告

ある電化製品の広告で、製品が「業界最高クラスのエネルギー効率を持つ」と宣伝されていました。しかし、実際には競合他社の製品と比較してもそのような優位性は確認できませんでした。この誇大表示により、消費者庁から課徴金納付命令が出されました。

事例3: 誤解を招く価格表示

特定の商品について「50%オフ」と表示していたものの、実際には割引前の価格が市場価格よりも不自然に高く設定されていたケースがあります。

このような有利誤認表示により、消費者が実際よりも有利な取引であると誤認する可能性があるため、規制対象となります。

優良誤認表示とは

優良誤認表示は、消費者が商品やサービスの品質、性能、価値などが実際よりも優れていると誤って認識するように誘導する表示を指します。

この種の表示は、消費者の購買行動に不当な影響を与え、選択を歪めることから、多くの国の消費者保護法において禁止されています。

具体的には、商品の機能、環境への影響、使用による効果、品質保証など、実際には証明されていない、または誇張された情報を提示する行為がこれにあたります。

優良誤認表示の例

  • エコロジー関連の誤認:「環境に優しい」「完全にバイオディグレーダブル」といった表示で、実際はその基準を満たしていない場合。
  • 性能の誤認:製品が「最高速度で動作する」「最も効率的な」と宣伝しているが、実際には同様の製品と比較して特別優れているわけではない場合。
  • 健康効果の誤認:特定の食品やサプリメントが「健康に良い」「病気の予防に効果的」と主張しているが、科学的な証拠に基づかない場合。

優良誤認表示の問題点

優良誤認表示の最大の問題は、消費者が誤った情報に基づいて購買決定を下すことにあります。これにより、消費者は必要以上に高価な商品を購入するか、期待した効果や性能を得られず失望する結果となります。

また、このような表示は市場における公平な競争を損ない、誤認表示をしない事業者に不利益を与えてしまいます。

対策と法的枠組み

優良誤認表示を含む不当表示を禁止する法律は消費者庁や関連機関が監督しています。

企業は、広告や製品パッケージに表示する情報が正確で誤解を招かないよう、慎重に検討し、証拠に基づいていることを確認しなければなりません。

万が一、優良誤認表示が発覚した場合、企業は訂正措置を講じることが求められるだけでなく、罰金や訴訟の対象となることもあります。

不実証広告規制の概要

不実証広告規制は、消費者が商品やサービスに関する誤った情報に基づいて判断を誤ることを防ぐために設けられた法的枠組みです。

科学的な根拠や実証データに基づかない虚偽または誤解を招く広告を禁止しています。

不実証広告規制の目的は、消費者保護を強化し、健全で公正な市場環境を促進することです。

不実証広告の特徴

不実証広告は、以下のような特徴を持っています。

  • 虚偽の主張:存在しない事実を告げること。
  • 誤解を招く情報:消費者が商品やサービスの性能や効果を誤解するような情報提供。
  • 科学的根拠の欠如:主張される効果や性能に関して、科学的な実証や客観的データを欠いていること。

規制の背景

不実証広告により、消費者が不当な情報に騙され、誤った購買決定をする事例が増加していることが規制の背景にあります。

特に健康食品や美容商品など、効果や性能が明確でない分野でこのような広告が多く見られます。これにより、消費者の権利が侵害されるだけでなく、市場の公正な競争が損なわれる恐れがあります。

規制の具体例

たとえば、広告で特定の健康効果や治療効果をうたう場合、それを支持する科学的な証拠や臨床試験の結果が求められます。これらの規制は、消費者庁や公正取引委員会などの機関によって監督され、違反した企業には罰金の課徴や広告の訂正命令が下されます。

企業への影響と対策

企業は、不実証広告規制を遵守するために、広告に使用するすべての主張に対して適切な証拠を収集・保存する必要があります。

また、広告の事前チェック体制を強化し、法的リスクを回避するための内部ガイドラインを策定しましょう。消費者の信頼を維持し、長期的なビジネスの成功を確保するため、透明性の高い広告戦略を実施しましょう。

有利誤認表示とは?

有利誤認表示とは、消費者が商品やサービスの価格、品質、使用条件などが実際よりも自己にとって有利であると誤認するような表示を指します。

有利誤認表示は、消費者を誤解させることによって不当に商品の購入意欲をかき立てることを目的としており、消費者保護の観点から厳しく禁止されています。

有利誤認表示の具体例

1.価格表示の誤解を招くケース

「半額以下」という表示があるものの、基準となる価格が市場の平均価格よりも不自然に高い場合。

2.割引やキャンペーンの条件の不明確な表示

特定の条件下でのみ適用される割引を、あたかもすべての顧客が利用できるかのように表示するケース。

3.商品の品質や性能に関する誤解を招く表示

「業界最高クラス」という表現を使用しながら、その基準や比較対象が明確でない場合。

規制と罰則

景品表示法は、有利誤認表示を行った事業者に対して、表示の訂正命令や業務改善命令、課徴金の納付などの行政措置を取れます。

特に悪質な場合には、刑事罰が科されることもあります。これにより、消費者の正しい情報に基づいた意思決定を保護し、公正な市場環境の維持を目指しています。

事業者の対策

事業者は、有利誤認表示を避けるために、広告や商品情報の表示において透明性と正確性を確保しなければなりません。

具体的には、価格表示や割引条件を明確にし、商品の性能や品質に関する主張には客観的な根拠を示すことが求められます。また、社内でのコンプライアンス教育を強化し、表示内容の事前チェック体制の整備も有効な対策となります。

景品表示法違反となった場合の罰則等

景品表示法違反が発覚した場合、事業者は様々な罰則や措置に直面します。

以下に、違反時に適用される主な罰則や措置について詳しく解説します。

行政措置

1.表示訂正命令

景品表示法違反が認められた場合、消費者庁から不当表示を訂正する命令が下されます。

事業者は指定された期間内に、誤解を招く表示を正確な情報に修正しなければなりません。

2.業務停止命令

重大な違反行為に対しては、一定期間の業務停止命令が出されることがあります。これにより、事業活動に甚大な影響を及ぼす可能性があります。

3.公表

違反事業者の名称や違反内容を公表することがあります。公表により、事業者の信用を損なう可能性があります。公表は、他の事業者に対する抑止効果となります。

課徴金納付命令

不当表示により不当に得た利益に対して、課徴金納付命令が科される場合があります。

課徴金の額は違反の程度や不当に得た利益の規模によって決定されます。この制度の目的は、不正行為による不当な利益を排除し、法令遵守の促進です。

刑事罰

特に悪質な場合には、刑事罰が科されます。

虚偽表示を故意に行った事業者や、重大な消費者被害を引き起こした事例では、罰金刑や懲役刑が適用される場合があります。

ステルスマーケティング(ステマ)規制が法改正により導入される

ステルスマーケティング(ステマ)とは、消費者に対して広告であることを明らかにせず、あたかも一般消費者の推薦や個人の意見であるかのように装って商品やサービスを宣伝する行為を指します。

このような手法は、消費者が提供される情報を公平に判断することを阻害し、誤解を招く恐れがあるため、規制の対象となっています。

法改正によるステルスマーケティング規制の導入

ステルスマーケティングに対する社会的な批判と消費者保護の観点から、関連法規の改正を通じてこの問題に対処しています。

法改正により、ステルスマーケティング行為を厳しく規制し、事業者が消費者に対して透明性の高い情報提供を義務付けています。

規制の主な内容

1.広告であることの明示

事業者は、広告や宣伝活動が行われていることを消費者に対して明確に示すことが求められます。SNSの投稿やブログ記事など、広告内容を含むすべてのメディアにおいて、その情報が広告であることを明示しなければなりません。

2.虚偽情報の禁止

架空の体験談や虚偽の商品評価を用いた宣伝は禁止されます。消費者の誤解を招くような不実な情報提供に対しては、罰則が科されることもあります。

3.監視体制の強化

ステルスマーケティング行為の監視を強化し、違反が発覚した場合には迅速に対処するための体制が整備されます。

罰則

法改正により導入される規制に違反した場合、事業者には罰金の課徴や業務改善命令などの罰則が適用される可能性があります。

特に悪質なケースでは、刑事罰が科されることも検討されています。

ステルスマーケティングとは具体的にどんなこと?

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)、しばしば「ステマ」と略されるこの手法は、広告や宣伝活動が行われていることを消費者に対して明確に示さず、商品やサービスを宣伝するマーケティング戦略です。

その主な目的は、消費者が情報を中立的な第三者からの推薦や個人の意見と誤認することにより、商品やサービスに対する好意的な印象を植え付けることです。

ステルスマーケティングの具体的な手法

1.口コミマーケティング

商品やサービスを使用したとされる個人が、SNSやブログ、掲示板などでポジティブな体験談を投稿する。これらは、事前に企業から指示や報酬を受けている場合があります。

2.仕込みレビュー

オンラインショップやレビューサイトに、実際には使用していない、または存在しない消費者が書いたとされる肯定的なレビューや評価を投稿する。

3.隠れたスポンサーシップ

インフルエンサーや有名人が、自らのSNSで特定の商品を使用している様子を投稿するが、その活動が企業からの支援やスポンサーシップによるものであることを明らかにしない。

4.バイラルビデオ

企業が制作したビデオを、一見ユーザーによって作成されたかのように見せかけてオンラインで拡散させ、製品やブランドの知名度を高める。

ステルスマーケティングの問題点

ステルスマーケティングは、消費者に対する誤解や欺瞞を招く可能性があるため、倫理的に問題視されることが多いです。消費者が提供される情報の出所や背景を正しく理解できない状況では、自由かつ公正な判断が妨げられます。

また、消費者の信頼を損なうことにより、長期的には企業のブランド価値にも悪影響を与えかねません。

対策

ステルスマーケティングの問題を解決するためには、広告活動における透明性を高めなければなりません。企業は、スポンサーシップや広告であることを明確に示すこと、正直かつ倫理的なマーケティング手法を採用することにより、消費者の信頼を維持し、健全な市場環境の促進をしていきましょう。

景品表示法のおける広告表示10のチェックポイント

企業が広告を作成・配信する際に法律違反を避け、消費者の信頼を維持するうえで重要なポイントを以下に解説します。

1. どんな広告表示が規制対象となるか

景品表示法は、虚偽の表示、誇大表示、有利誤認表示、優良誤認表示などを禁じています。広告内容がこれらに該当しないかを最初に確認することが重要です。

2. 販売方法

販売方法が消費者に誤解を招く可能性がある場合(例:定期購入が明確でない場合)、それが適切に表示されているかをチェックします。

3. 対象商品・役務

広告される商品やサービスの内容が正確に、かつ包括的に表示されているか、誤解の余地はないかを検討します。

4. 価格表示

消費者が最終的に支払う価格が明確に表示されているか、追加料金はないかを確認します。表示された価格が実際の価格と一致しているかも重要です。

5. 品質等の表示

商品やサービスの品質、性能、安全性に関する表示が正確かつ誤解を招かないようにされているかをチェックします。

6. 表示の根拠が用意されているか

表示される情報や主張には、科学的根拠や客観的データが伴っているか、誤解を避けるための証拠が用意されていますか。

7. 他人の権利を侵害しないか

広告内容が他者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害していないか、また、不当に他社の商品やサービスと比較していないかを確認します。

8. 広告媒体

広告が配信される媒体に応じて、規制の内容が異なる場合があるため、それぞれの媒体に適した表示がなされているかをチェックします。

9. 制作の外注

広告制作を外部に委託する場合、その外注先が景品表示法に関する知識を有し、適切な広告表示ができるかを確認してください。

10. 広告物の送付方法

ダイレクトメールや電子メールなど、広告物の送付方法によっては、受け取る消費者に対して特別な注意を払う必要があります。例えば、オプトインの確認や、広告であることの明示が必要な場合があります。

法律事務所がお力になれること

景品表示法に違反した場合の対応や予防策の構築は、専門的な知識と経験を要するため、法律事務所が重要な役割を果たせます。法律事務所は、企業が景品表示法を遵守するための様々なサポートを提供し、事業運営のリスクを最小化するお手伝いをします。

以下に、法律事務所が企業に提供できる主なサービスを紹介します。

1. 法律相談とリスク評価

法律事務所は、景品表示法に関する総合的な相談を受け、企業の広告表示が法律に遵守しているかの評価を行います。特定の広告キャンペーンやプロモーション活動が法律違反のリスクを抱えていないか、専門家の視点から分析し、アドバイスをします。

2. 広告表示の事前チェック

法律事務所は、広告表示の内容を事前にチェックし、虚偽表示や誇大表示、有利誤認表示などの違反の可能性がある場合には、適切な修正を勧めます。

これにより、広告が公開される前にリスクを排除することが可能となります。

3. コンプライアンスプログラムの策定

企業が景品表示法を含む消費者保護法規を継続的に遵守するためには、効果的なコンプライアンスプログラムの構築が不可欠です。法律事務所は、企業の具体的なビジネスモデルに合わせたコンプライアンスプログラムの策定をサポートし、従業員向けの研修プログラムの開発も手がけます。

4. 違反発生時の対応

万が一、景品表示法違反が発生した場合には、迅速かつ適切な対応が求められます。

法律事務所は、行政機関からの指導や命令に対する対応策の立案、必要な場合には行政手続きや訴訟対応を含めた全面的なサポートをします。

5. 再発防止策の提案

違反の原因を分析し、内部コントロールの強化や、社内教育プログラムの見直しなど、同様の問題が将来発生することを防ぐための再発防止策を提案します。

広告表示に関するQ&A

Q: 広告で「業界No.1」と表示する場合、どのような注意が必要ですか?

A: 「業界No.1」といった表示を行う場合は、その根拠となる客観的なデータや基準を明示する必要があります。また、表示が最新の情報に基づいていること、かつ比較の範囲が明確であることも重要です。

Q: 価格表示における注意点は何ですか?

A: 価格表示では、消費者が最終的に支払う総額が明確になるようにする必要があります。追加料金が必要な場合は、その詳細も併せて表示する必要があります。

Q: SNSを用いた広告における景品表示法の適用はどのようになっていますか?

A: SNSを用いた広告も景品表示法の規制対象です。特に、商品やサービスを推奨する投稿が実際にはスポンサードされている場合は、その事実を明確に示す必要があります。

Q: インフルエンサーマーケティングにおいて、どのように広告であることを明示すれば良いですか?

A: インフルエンサーマーケティングにおいては、投稿が広告であることを消費者に対して明確に伝える必要があります。例えば、投稿の最初または最後に「#PR」「#スポンサード」「#広告」など、広告であることを示すハッシュタグを付ける方法があります。

また、動画や画像内に直接「この投稿は〇〇企業の提供でお送りしています」というような文言を入れることも効果的です。

Q: 「満足度100%」などの絶対的な表現を使用する際の注意点は?

A: 「満足度100%」や「絶対に満足できる」などの絶対的な表現を使用する場合、その根拠となる客観的な証拠やデータが必要です。全ての消費者が100%満足するとは限らないため、このような表現は誤解を招きやすく、誇大表示とみなされる可能性があります。

実際に顧客満足度調査の結果など、確固たる証拠がある場合に限り使用し、その出典を明示しましょう。

Q: 価格比較広告を行う際のルールは?

A: 価格比較広告を行う際には、比較の対象となる商品やサービスが同等であること、比較情報が最新かつ正確であることを確認する必要があります。また、比較の根拠となる情報源を明示し、消費者が誤解を受けないように配慮することが求められます。

不公正な比較や誤解を招くような表現は避け、公正な情報提供を心がけるべきです。

まとめ

景品表示法に関する広告表示の複雑な規制を理解し、遵守することは、事業者にとって大きな課題です。ブライト法律事務所は、この課題に直面している企業を全面的にサポートします。

私たちの専門家チームは、虚偽表示、誇大表示、有利誤認表示、優良誤認表示といった景品表示法違反のリスクを最小化するための戦略を提供します。貴社の広告が消費者を誤解させることなく、法律に準拠しているかどうかの事前チェックから、万が一違反が発生した際の対応策、さらにはコンプライアンスプログラムの策定に至るまで、幅広いサービスを提供しています。

ブライト法律事務所は、貴社のビジネスが安心して成長し続けるために、透明性と正直さをもって広告活動を行うための確固たる基盤を構築するお手伝いをします。

景品表示法に関するご相談は、私たちブライト法律事務所にお任せください。

お問い合わせ

CONTACT

弁護士法人 ブライトへの法律相談、
メディア出演依頼・取材に関する
お問い合わせはこちら

お電話での
お問い合わせ

TEL:0120-929-739

※受付時間 9:00-18:00

  • 記事カテゴリ
  • 成功事例
    インタビュー
契約
人事労務
債権回収
消費者
炎上
会社運営

準備中